厚生年金、社会保険

会社設立と厚生年金、社会保険について

健全な会社とはどのようなものでしょうか。やはり福利厚生がしっかりしている会社が、健全な会社であるといえるのではないでしょうか。会社設立にあたって必ず考えなければならないことが、従業員の福利厚生です。特に、厚生年金や社会保険などは事業主として必ず加入しないとならない大切なものです。会社設立の前にそれらの手続きもきちんと確認したうえで、会社設立に踏み切るように心がけましょう。

厚生年金は従業員の将来を作るための大切な要素です。基礎年金だけでは老後の生活ができません、現在では年金が支払った分だけ返ってこないのではということが盛んに言われる時代になってしまいましたが、それでも厚生年金基金に加入しなくてよいということにはなりません。きちんと加入して、従業員の将来を守れるようにしておきましょう。

社会保険は雇用保険と労災保険に分かれます。雇用保険は従業員が何らかの形で働けなくなってしまった時の保障をしてくれる制度であり、たとえば妊娠、出産によってしばらく休まなければならなくなってしまった場合、高齢になって再雇用されたときに賃金が下がってしまった場合に給付金がおりることもあります。いずれも働いている人が不測の事態に陥った時にそれを助けてくれる制度ですので、必ず加入して安心して働ける環境を作ってください。

労災保険はけがをしてしまった時の保障を行う専門です。通勤途中や勤務中に思わぬけがをしてしまうこともあるかもしれません。その際には、会社が労災保険に加入していることでその医療費を国が負担してくれるという仕組みになっています。雇用保険、労災保険はいずれも労働者を保護する役割を果たしています。必ず事業主として従業員を雇うのであれは加入しなければなりません。

会社設立においては、行わなければならない事務手続きがたくさんあります。そのどれもが、事業主を守るためや従業員を守るためなどの意味がある手続きなのです。それをしっかりとこなすことで、より健全な会社設立が行えるようになりますので、漏らすことのないようにしっかりと行いましょう。それがみなさん経営者のためでもあり、そこで働く大事な従業員一人一人のためでもあるのです。ここで働きたい、と感じてくれる従業員を一人でも多く増やすために、経営者の努力は何よりも大事であるといえるのではないでしょうか。慣れない手続きばかりで大変だと思いますが、必ず行うように心がけましょう。

最新記事

  • 会社設立の手続きとスケジュールについて。 会社を設立するためには、様々な手続きが必要です。 事前に業務開始までのスケジュールをしっかりとたてておき、それに沿って進めていくことが重要です。 最近では、会社設立はそれほど難し …

    スケジュールについて。